MKDC

TODAY’S SCHEDULE

CALENDAR

SERVICES診療科目

SERVICES診療科目

小児歯科

小児歯科では、乳歯の健康を守り永久歯への健全な生え変わりをサポートしていきます。
乳歯のむし歯については、保護者の方が思う以上に進行が早く
乳歯の特性上痛みが出ることも少ないため、むし歯で穴が空いていることに
気づいた時には神経の処置が必要な状態になっていることが多いです。
また、『低年齢だから』という理由でむし歯治療を先延ばしにされ
大変深刻な状態で来院された子どもたちをたくさん診てきました。
低年齢であっても早急な処置が必要となる場合があり、当院で治療することは可能です。
お子さまの歯を守ることで健やかな成長のお手伝いをしていきます。

矯正歯科

現在の日本では、約75%の子どもたちに歯並びの問題があると言われています。
では歯並びが悪くなってしまう原因は何でしょうか?
以前は歯並びが悪くなる大きな原因は『遺伝』と考えられていました。
しかし最近の子どもたちの歯並びには『間違った癖による顎の発育不足』が
大きく影響していると分かってきました。
産まれてからの日々の生活習慣が顎の発育と歯並びに大きく影響するのです。
『顎の発育不足』は歯並び・噛み合わせだけでなく呼吸や姿勢にも大きく関わっており
お子さまの健やかな成長を妨げてしまいます。
歯並びの問題は『見た目にキレイな方がいい』『歯が重なっているとむし歯になりやすい』
などとよく言われますが、重要なのは『なぜ歯並びが悪くなってしまったのか』
『歯ならびが悪くなる原因がある』ということです。
その原因を明確にし、最適な治療法をお薦めします。